記:2017年3月8日

「あまりにもきれいなカードを見つけたので」という、この上ない理由で、AAの仲間からカードが届いた。

桜のカードで、開くと桜の木の下に三毛猫が1匹。表紙にも同じ三毛猫。

「あまりにもきれいなので」一昨年に亡くなった母の遺影の前に供えて分かち合うことにした。

隣はずいぶん昔に夫からもらった腕時計、その隣は別の友人にいただいたシャレドワのネイルオイル。

そういえば遺影の写真立てもAAの仲間からのプレゼントだった。

「分かち合う」というのはAAで教わったことだが、意味はごく最近まで表面的にしか受け取れていなかった。

どんなにいいものを持っていても分かち合わなければ意味がない。

私は誰かに何かを差し出したりプレゼントしたりすることが、長い間、苦手だった。

「受け取ってもらえないかもしれない」「受け取ってくれても、実は迷惑だと思うんじゃないか」などと恐れおののくのである。

AA的言えば、典型的な「恐れの感情」の暴走だ。

そういえば私の母も分かち合うのが下手な人だった。でも今思うに、実は母も分かち合いたいと思っていたのではないか。

そう思うとまことに親不孝をした気がする。母がどんな態度をとろうが、もっと私から分かち合えばよかったのだ。

分かち合う生き方に変える。こうしてブログで書かせてもらったり、一番簡単なことではミーティングで話してみたり。

受け取った人がそれをどうするかは、その人の問題だ。

毎日の生活のなかで「分かち合うこと」に努める。

私は自分の人生をそのように変えていく。