3月

凛として 梅の香 ウィルス(COVID-19) 通り抜け

結局は 特技も 趣味も 体験談

(弥生のごあいさつ)

とあるセミナーで講師を担当した。人前で話すのが好きなので、思い切り楽しんだ。例会では「自分の話をする」より「人の話を聞く」時間が圧倒的に長い。我ながらよく聞いていられると感心するが、聞いている間だけ自分の意見や感想、感情などを手放すことができる。命と自己と天秤にかけて、本能が命を選んでいるに違いない。だから誰の体験談も飽きることがない。

(二〇二一年二月某日 ウィルスで 動けないまま 右往左往)