7月

やがて枯れる 花の 水 とりかえて 一日断酒

オンライン飲み会 見えないところで 酒を注(つ)ぎ

(葉月のごあいさつ)

 新型コロナウィルスによる自粛期間が長引いている。とはいっても、私の場合、もともとインターネットが中心の仕事をしており、個人の用事も打ち合わせはオンライン。友人たちともSkypeやらZoomやらを使っておしゃべり。LINEもくる。外出しなくても朝から晩まで慌ただしい。しかし確実になにかが足りなくなってきている。生き生きとした感情が色褪せ、書いたりしゃべったりする意欲が薄れてきた。早く例会に復帰してチャージしたい。このままでは川柳も書けなくなりそう!

(二〇二十年六月某日 無くなって知る、ありがたみ!)