5月

陽だまりの 猫には 春が よく似合い

アル中の ほうが 悪い気もする 歌手逮捕

(皐月のごあいさつ)

ホーホケキョッキョッーという下手くそなウグイスの鳴き声。いよいよ春、到来だ。お花見や、新しい春のコートを着る楽しみは二の次。早く日が昇るのと寒さが緩んだのが何よりありがたい。日のあるうちに、例会に向かえるのも助かる。何につけても、若いころのウキウキ感は極度に減ったが「しみじみとありがたい」という思いは強くなった。プラスマイナスゼロである。うまくできている。

(二〇一九年四月某日 鶯(うぐいす)の 歌 日々 うまくなり 春爛漫)